コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チシマアマナ mountain‐spiderwort

世界大百科事典 第2版の解説

チシマアマナ【mountain‐spiderwort】

高山の岩場に生えるユリ科多年草(イラスト)。花がかれんなためにしばしば山草として栽培されるが,平地で開花させることは難しい。花茎は高さ5~15cm。通常4枚の苞葉がある。根出葉は通常2枚で,長さ7~20cm,幅約1mm。地下には円柱状の鱗茎がある。花は7月に咲き,花被片は白色で外側に紫色の条がある。果実は蒴果(さくか)で,長さ8~9mm。3室で,1室に通常6個の赤褐色種子をつける。北半球の寒冷な地域や高山に広く分布し,日本では中部以北に分布する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チシマアマナ
ちしまあまな / 千島甘菜
[学]Lloydia serotina (L.) Reichb.

ユリ科の多年草。鱗茎(りんけい)は長さ4~7センチメートル、根出葉を2枚つける。根出葉は鈍い3稜(りょう)があり、線形で長さ8~20センチメートル、幅2~3ミリメートル。茎は高さ7~16センチメートル、線形の葉を4枚互生する。7月、茎頂に白色花を1個開く。花被片(かひへん)は長楕円(ちょうだえん)形または倒卵楕円形で先は丸く、長さ1~1.5センチメートル。中部地方以北の本州、北海道の高山の岩壁に生え、北半球の高山および極地に広く分布する。[河野昭一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチシマアマナの言及

【キバナノアマナ】より

…花柄は束生し大きさの不ぞろいな2枚の苞葉につつまれる。近縁のチシマアマナ属Lloydiaは,苞葉が離れてつく点で異なる。花被片は長さ約1.5cm,果実は三稜形。…

※「チシマアマナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チシマアマナの関連キーワードキバナノアマナ高山植物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android