コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヌーク chinook

翻訳|chinook

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チヌーク
chinook

北アメリカのロッキー山脈の東斜面に吹く局地風。山の斜面を吹きおろすフェーンの一種で,暖かく乾操している。チヌークが吹くと積雪が短時間に融解することから,スノーイーター snow eaterの名もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

チヌーク

シヌークとも。北米のロッキー山脈の東側に吹きおろしてくる西からのフェーン風。24時間以内に気温が20℃以上も上がり,湿度は10%以下に下がり,急速に山岳部の雪をとかすので〈雪食いsnow-eater〉と呼ばれることもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

犬&猫:ペットの品種がわかる事典の解説

チヌーク【Chinook】

アメリカ合衆国原産の大型犬。強靭な体力と持久力で、そり犬や警備犬として使われている。飼育されている頭数は少ない。

出典|講談社犬&猫:ペットの品種がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チヌーク
ちぬーく

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のチヌークの言及

【風】より

… タクtakuアラスカの南東部ジュノー付近で吹く東または北東の強風。 チヌークchinookロッキー山脈東麓に吹き降りる西風で,乾燥したフェーン風。この風が吹くと気温が急上昇し,雪が溶けるのでスノー・イーターsnow eaterともいわれる。…

【フェーン】より

…これは山に沿って上昇する空気塊が凝結高度以上では湿潤断熱減率(約5℃/km)で降温し,降水を終えてから山に沿って降下するときには乾燥断熱減率(約10℃/km)で気温が上昇するために起こるものである(図参照)。アルプス北側のスイスの谷間とかアメリカのロッキー山脈の東側山麓(これはチヌークChinookと呼ばれている)などで顕著にみられるが,日本でも台風が日本海を通過するときなどに日本海沿岸でフェーン現象が起こり大火の一因となっている。水が水蒸気になるときは潜熱を周囲から取り,反対に水蒸気が凝結するときは潜熱を周囲に放出するが,水蒸気が凝結を起こすに足りないほど山が低い場合には,このフェーン現象は起こらないことになる。…

※「チヌーク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チヌークの関連キーワードマクドナルド(Ranald MacDonald)マクドナルドペヌティ語族ボーイングポトラッチチヌーク語北アメリカシヌーク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android