頭数(読み)アタマカズ

  • かしらかず
  • とうすう

大辞林 第三版の解説

ひとのかず。人数。 -をそろえる
ウマ・ウシなど大形の動物の数。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 人かず。人数。また、特に何かをする時、必要な人数。
※俳諧・虎渓の橋(1678か)賦何紙俳諧「狐川よりぬるむ普請場〈江雲〉 八重霞あたま数読男山〈西鶴〉」
※読本・通俗巫山夢(1815)三「末社どもが引裂紙も天窓数(アタマカズ)に割附」
② 仲間の数に入っているだけのつまらない人間。人数を揃えるためだけの軽輩。
※歌舞伎・青砥稿花紅彩画(白浪五人男)(1862)三幕「その五人男の切端さ、先づ第一が日本駄右衛門、〈略〉弁天小僧、私(わっち)ァほんの頭数(アタマカズ)さ」
〘名〙
① 能楽の鼓や長唄の打楽器で、拍子を強調する時の打ち方で打つ数。
※檜垣型付(1665)「蘭拍子頭かず十八蹈て」
② 人の数。人数。あたまかず。
※うもれ木(1892)〈樋口一葉〉一「幾十万の頭(カシラ)かずに加はりて」
〘名〙 比較的大きい動物の数。
※豚群(1926)〈黒島伝治〉一「小屋も小さく、頭数(トウスウ)も少なくって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頭数の関連情報