チャダイゴケ

世界大百科事典 第2版の解説

担子菌類腹菌類チャダイゴケ目チャダイゴケ科Nidulariaceaeに属する小型だが風変りなキノコをいう。英名はbird’s‐nest fungus。やや大型なスジチャダイゴケCyathus striatus Fr.を例にあげると,キノコは倒円錐形のコップ形,高さ8~13mm,直径6~8mm,外面は粗いささくれ状の毛でおおわれ,褐色~暗褐色内面は灰色~灰褐色で,にならぶ明りょうな筋模様がある。コップの口ははじめ白い膜でとざされるが,まもなくやぶれ去る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android