コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャビンデワンタル チャビンデワンタル Chavin de Huántar

1件 の用語解説(チャビンデワンタルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チャビン‐デ‐ワンタル(Chavin de Huántar)

ペルー中部の都市ワラスの近郊、アンデス山脈中の谷間にある遺跡。紀元前1500年から紀元前300年頃にかけて繁栄したチャビン文化の代表的な遺跡であり、のちのインカ文明につながる巨石文化の源流とみなされている。迷路のような回廊をもつ神殿や、神格化されたジャガーやヘビの浮き彫りが施された石柱などが残る。1985年、「チャビン(古代遺跡)」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。チャビン遺跡

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャビンデワンタルの関連キーワードペルソナ・マーケティングコインバトールサヌアセントアンドルーズリオバンバワラスオリャンタイタンボペルージアMRTAとペルー農村部ペルビアン・ステッパー種 (Peruvian Stepper)

チャビンデワンタルの関連情報