コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャビンデワンタル Chavín de Huántar

デジタル大辞泉の解説

チャビン‐デ‐ワンタル(Chavín de Huántar)

ペルー中部の都市ワラスの近郊、アンデス山脈中の谷間にある遺跡。紀元前1500年から紀元前300年頃にかけて繁栄したチャビン文化の代表的な遺跡であり、のちのインカ文明につながる巨石文化の源流とみなされている。迷路のような回廊をもつ神殿や、神格化されたジャガーやヘビの浮き彫りが施された石柱などが残る。1985年、「チャビン(古代遺跡)」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。チャビン遺跡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android