コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャプルテペク決議 チャプルテペクけつぎAct of Chapultepec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャプルテペク決議
チャプルテペクけつぎ
Act of Chapultepec

1945年米州諸国会議で採択された地域的安全保障に関する決議。同年2月 21日~3月8日,「戦争と平和の諸問題に関する米州諸国会議」がメキシコシティーのチャプルテペク城で開催され,アルゼンチンを除く米州 19ヵ国が出席した。会議の議題は,(1) 西半球における地域的安全保障,(2) 戦後の経済協力,(3) アルゼンチンとの関係の調整,であった。 (1) に関して採択されたのがこの決議で,米州の1ヵ国に対するあらゆる攻撃を,米州のすべての国に対する攻撃とみなし,米州諸国は武力行使をも含めた共同措置をとるために協議することを定めたもの。この決議に基づいて 47年のリオ条約が生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャプルテペク決議の関連キーワード原子爆弾投下対日占領政策ミネリ(Vincente Minnelli)内閣総理大臣ディープ・パープルドイツ問題ホロウェイリーン石川第2次世界大戦

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android