リオ条約(読み)リオじょうやく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1947年9月2日にリオデジャネイロで結ばれた米州相互援助条約 InterAmerican Treaty of Reciprocal Assistanceで,48年 12月3日に発効。当事国は初めアメリカ合衆国とラテンアメリカ 20ヵ国であったが,62年にキューバが除名され,67年にトリニダード・トバゴバルバドスが加入した。第2次世界大戦中の米州防衛に関する諸原則を発展させたもので,前文と本文 26ヵ条から成り,国連憲章第 51条を援用した最初の地域防衛条約。「締約国相互間の紛争を,国連に付託するに先立って,米州機構手続により解決するよう努める」ことを約束しており (第2条) ,敵対国を想定しない地域的集団安全保障体制の性格をもそなえ,また一般的地域機構である米州機構 OASの憲章 (1948調印) と密接に結びついている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1947年にリオデジャネイロで調印された,アメリカ合衆国およびラテンアメリカ20か国の集団防衛体制を目的とする条約。米州共同防衛条約ともいう
米州の1国に対する侵略は全米州諸国に対する攻撃とみなし,集団自衛策をとることをきめ,相互援助とその方法について規定

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リオ条約の関連情報