チャワンタケ(読み)ちゃわんたけ(英語表記)cup fungi

日本大百科全書(ニッポニカ)「チャワンタケ」の解説

チャワンタケ
ちゃわんたけ / 茶碗茸
cup fungi

子嚢(しのう)菌類、チャワンタケ(盤菌)目に属する茶碗(ちゃわん)形のキノコ総称。形は平形のほか、碗形、コップ形、足付きグラス形などさまざまであり、大きさも径1センチメートル以下から10センチメートルを超すものまである。碗の内側は白、、茶、赤、朱、黒などの色をもち、きわめて美しいものも多い。碗の内面には子実層が発達し、無数の円筒形の子嚢が並ぶ。子嚢胞子が成熟すると、子嚢の先端についた弁が開いて胞子は一斉にのように噴き出される。このような「蓋(ふた)付き子嚢」は、チャワンタケ類の特徴である。これらのキノコは、古くはチャワンタケ科にまとめられたが、現在では次のように多くの科に分類される。

 (1)ベニチャワンタケ科=シロコップタケ、シロキツネノサカズキ、ニクアツベニサラタケ、キリノミタケ、ベニチャワンタケなど。(2)クロチャワンタケ科=クロチャワンタケ、エツキクロコップタケなど。(3)チャワンタケ科=オオチャワンタケなど。(4)ピロネマ科=ヒイロチャワンタケ、キンチャワンタケ、アラゲコベニチャワンタケなど。いずれのキノコもよく目だつ。このほか、チャワンタケ類には、ノボリリュウ科、アミガサタケ科なども含まれる。なお、チャワンタケ類のキノコには、春に発生するものが多い。

[今関六也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「チャワンタケ」の解説

チャワンタケ

子嚢菌類チャワンタケ科のキノコの総称で,世界各地に分布する。一般に子実体は肉質で径数mm〜10cm,皿(さら)状〜茶碗状で色は,黄,等。内面は平滑で子嚢が発達,各子嚢中には4〜8個の胞子ができ,成熟すると一斉に飛散する。有機酸の多い地上朽木にはえ,ほとんど無毒。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「チャワンタケ」の解説

チャワンタケ【cup fungus】

地上や朽木上に発生する皿形,茶わん形,コップ形をした子囊菌類盤菌類チャワンタケ目チャワンタケ科のキノコ(イラスト)。この皿状のものは子実体で,子囊盤とよばれ,有柄または無柄,直径1mm程度から数cmに及ぶものがあり,色も白,赤,黄,茶,紫,黒などさまざまである。形もほぼ円形であるが,皿の上が少し内側に曲がりこんだり,さらに大きくふくらんだり多様である。皿の全表面には子囊という胞子を入れた袋が上向きに並んでおり,風などの刺激により中の胞子が一斉に煙を吹き出すように放出される特性をもっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android