チャーチ石(データノート)(読み)ちゃーちせきでーたのーと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャーチ石(データノート)
ちゃーちせきでーたのーと

チャーチ石
 英名    churchite-(Y)
 化学式   Y[PO4]・2H2O
 少量成分  Ca
 結晶系   単斜
 硬度    3
 比重    3.11。希土類元素の内容次第で3.3ぐらいまで上がる
 色     無、白、灰。まれに肉紅色
 光沢    ガラス。ただし結晶粒が肉眼的な大きさの場合、劈開面上では真珠光沢
 条痕    白
 劈開    一方向に完全。ほかに平行四辺形の輪郭をつくる二方向に明瞭
       (「劈開」の項目を参照)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android