コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーニー Jule Gregory Charney

3件 の用語解説(チャーニーの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

チャーニー【Jule Gregory Charney】

1917~1981) アメリカの気象学者。数学者フォン=ノイマンらとともに数値予報の基礎を築いた。温帯低気圧や台風の形成に関する理論的研究もある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

チャーニー【Jule Gregory Charney】

1917‐81
アメリカ理論気象学者,海洋学者。サンフランシスコロシア移民の子として生まれる。1938年カリフォルニア大学数学物理学科を卒業。46‐47年にはシカゴ大学の研究員として,C.A.ロスビーの下で働き,47‐48年にはオスロ大学の研究員,48年から56年まではプリンストン高等研究所でJ.フォン・ノイマンとともに数値予報の開拓,発展につくした。56年からはマサチューセッツ工科大学の気象学教授をつとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャーニー
ちゃーにー
Jule Gregory Charney
(1917―1981)

アメリカの理論気象学者。数値予報実用化の第一歩を築いた。サンフランシスコの生まれ。1938年カリフォルニア大学数学物理学科を卒業。1941~1942年同大学の物理学・気象学教室の助手となり、ビャークネスホルンボーJrgen Holmboe(1902―1979)の影響を受けた。1946年シカゴ大学の研究員となり、ロスビーCarl‐Gustaf Arvid Rossby(1898―1957)のもとで研究。1947~1948年オスロ大学研究員となり、フョルトフRagnar Fjrtoft(1913―1998)、エリアッセンArnt Eliassen(1915―2000)などとともに研究した。1948年よりプリンストン高等研究所の常任研究員となり、1956年以後はマサチューセッツ工科大学の気象学教授も兼ねた。プリンストンでは数学者のノイマンとともに気象力学の基礎方程式を電子計算機で解く方法を発展させ、今日の数値予報の基礎をつくりあげた。[根本順吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチャーニーの言及

【数値予報】より

…その後,気象力学が進歩し,高層観測を含む気象観測網が拡充するとともにコンピューターが発明されたため,再び数値予報が試みられることになった。それはコンピューターの父J.フォン・ノイマンの示唆によってJ.G.チャーニーらが研究グループ(プリンストン高等研究所に拠ったところからプリンストン・グループとよぶ)を組織し,簡単な大気モデルを用いて成功したもので,アメリカのメリーランド州アバディーンの弾道研究所のコンピューター(ENIAC(エニアツク))を用いて行われた(1950)。その後,大気モデルが順次改良され,複雑化し,多くの経験が積まれた結果,リチャードソンの夢はほぼ完全に実現し,世界中に普及して日常の天気予報業務に取り入れられるまでに成長した。…

※「チャーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チャーニーの関連キーワードアメリカの声フェレルマルグレスロスビーワインバーグ=サラムの理論アメリカ杉アメリカンアメリカンドリームアメリカの空小倉義光

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャーニーの関連情報