チャーニー(英語表記)Jule Gregory Charney

大辞林 第三版の解説

チャーニー【Jule Gregory Charney】

1917~1981) アメリカの気象学者。数学者フォン=ノイマンらとともに数値予報の基礎を築いた。温帯低気圧や台風の形成に関する理論的研究もある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チャーニー【Jule Gregory Charney】

1917‐81
アメリカの理論気象学者,海洋学者。サンフランシスコでロシア移民の子として生まれる。1938年カリフォルニア大学数学物理学科を卒業。46‐47年にはシカゴ大学の研究員として,C.A.ロスビーの下で働き,47‐48年にはオスロ大学の研究員,48年から56年まではプリンストン高等研究所でJ.フォン・ノイマンとともに数値予報の開拓,発展につくした。56年からはマサチューセッツ工科大学の気象学教授をつとめた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャーニー
ちゃーにー
Jule Gregory Charney
(1917―1981)

アメリカの理論気象学者。数値予報実用化の第一歩を築いた。サンフランシスコの生まれ。1938年カリフォルニア大学数学物理学科を卒業。1941~1942年同大学の物理学・気象学教室の助手となり、ビャークネス、ホルンボーJrgen Holmboe(1902―1979)の影響を受けた。1946年シカゴ大学の研究員となり、ロスビーCarl‐Gustaf Arvid Rossby(1898―1957)のもとで研究。1947~1948年オスロ大学研究員となり、フョルトフRagnar Fjrtoft(1913―1998)、エリアッセンArnt Eliassen(1915―2000)などとともに研究した。1948年よりプリンストン高等研究所の常任研究員となり、1956年以後はマサチューセッツ工科大学の気象学教授も兼ねた。プリンストンでは数学者のノイマンとともに気象力学の基礎方程式を電子計算機で解く方法を発展させ、今日の数値予報の基礎をつくりあげた。[根本順吉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャーニーの言及

【数値予報】より

…その後,気象力学が進歩し,高層観測を含む気象観測網が拡充するとともにコンピューターが発明されたため,再び数値予報が試みられることになった。それはコンピューターの父J.フォン・ノイマンの示唆によってJ.G.チャーニーらが研究グループ(プリンストン高等研究所に拠ったところからプリンストン・グループとよぶ)を組織し,簡単な大気モデルを用いて成功したもので,アメリカのメリーランド州アバディーンの弾道研究所のコンピューター(ENIAC(エニアツク))を用いて行われた(1950)。その後,大気モデルが順次改良され,複雑化し,多くの経験が積まれた結果,リチャードソンの夢はほぼ完全に実現し,世界中に普及して日常の天気予報業務に取り入れられるまでに成長した。…

※「チャーニー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android