チャールズ・ホイットマン クロス(英語表記)Charles Whitman Cross

20世紀西洋人名事典の解説

チャールズ・ホイットマン クロス
Charles Whitman Cross


1854.9.1 - ?
米国の岩石学者。
アメリカ地質調査所
アマースト生まれ。
アマーストの大学を卒業し、ゲッチンゲン大学で学び、1880年にライプテイヒ大学で学位を取得し、同時にアメリカ地質調査所に入所し1925年まで勤務する。コロラドの野外研究が彼の研究の中心で、ハワイ島で粗面岩を発見し、そこから火成岩の鉱物化学的分類を行い、命名を考えた。その他高温高圧下での岩石についての実験も行った。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android