チャールズ・S. エルトン(英語表記)Charles Sutherland Elton

20世紀西洋人名事典の解説

チャールズ・S. エルトン
Charles Sutherland Elton


1900.3.29 -
英国の動物生態学者。
元・オックスフォード大学動物個体群研究所所長。
英文学者オリバー・エルトンの子。J.ハクスリー動物学を学び、スピッツベルゲン、北極地方の探検に参加、ホッキョクギツネタビネズミの個体数変動を研究、「動物生態学」(’27年)、「動物の生態」(’33年)で野外に於ける動物個体群研究を基礎づけ、群集生態学に重要な提言を行う。オックスフォード大学に動物個体群研究所を設立、’32〜68年まで所長を務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android