コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュクチ自治管区 チュクチChukchi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュクチ〔自治管区〕
チュクチ
Chukchi

ロシア北東部の自治管区。行政中心地アナドゥイリ。1930~77年チュクチ民族管区,1977~91年はチュクチ自治管区としてマガダン州に所属。ロシア東端をなすチュクチ半島を中心とした地域で,大部分が高原,丘陵からなるが,南部にアナドゥイリ川の流域平野がある。ほぼ全域ツンドラ地帯に入る。チュクチ族の居住区であるが,その割合は低い。主要産業はトナカイと毛皮獣の飼育,狩猟,水産業,および鉱業 (金,スズ,水銀,タングステン,石炭) である。またチュクチ族の骨細工が特産物となっている。交通はおもに空路と海路により,東シベリア海沿岸にペベク,ベーリング海アナドゥイリ湾沿岸にプロビデニヤ,エグベキノト,アナドゥイリなどの港がある。面積 73万7700km2。人口 5万700 (2005推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チュクチ自治管区の関連キーワードロマン アブラモヴィッチアナドゥイリ高原コリャーク山脈古シベリア諸語大アニュイ川ウランゲリ島チュクチ高原コルイマ低地アイオン島チュクチ語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android