コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュルタイオス Tyrtaios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュルタイオス
Tyrtaios

前7世紀中頃のギリシアエレゲイア詩人。第2次メッセニア戦争におけるスパルタの精神的指導者。軍歌によって兵士らを励まし,また徳と勇気,平和と秩序を称揚した。作品はヘレニズム時代,5巻に編集されたが,断片しか伝わらない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュルタイオス
ちゅるたいおす
Tyrtaios

生没年不詳。古代ギリシアの叙情詩人。紀元前7世紀の後半にスパルタで活躍した。生まれはアテナイ(アテネ)ともいわれている。第二次メッセニア戦争のころで、スパルタにとってはきわめて困難な時代であった。詩人は、叙事詩のことばを用いながら、祖国を守る戦士・市民としての義務とその栄誉を歌い、市民の徳(アレテ)を、祖国のために勇敢に戦うことと考えた。スパルタ人の生活信条の代表者と評され、死後も長い間その詩は愛誦(あいしょう)された。[橋本隆夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チュルタイオスの関連キーワードギリシア文学テオグニス

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android