コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュルリョーニス Mikalojus Konstantinas Čiurlionis

1件 の用語解説(チュルリョーニスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チュルリョーニス【Mikalojus Konstantinas Čiurlionis】

1875‐1911
リトアニアの作曲家,画家。教会オルガン奏者を父にもち,リトアニア南部の保養地として名高いドルスキニンカイで,民謡,民話の世界に親しみつつ幼少時代を過ごした。13歳からオギンスキス音楽学校に通い,1893年ワルシャワ音楽院に入学,1902年ライプチヒ音楽院を卒業,その間絵画を学び,35歳の若さで早世した。しかし短い制作期間に作曲,絵画の両面で,〈美しきリトアニア〉の再現かと思われるばかりの作品を数多く残した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

チュルリョーニスの関連キーワード桂太郎内閣岩石区スバルポピュリスト党ロダン岩崎弥太郎閃長岩輝緑岩真壁騒動同治帝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone