チューリヒ一致信条(読み)チューリヒいっちしんじょう(英語表記)Zürich Consensus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チューリヒ一致信条
チューリヒいっちしんじょう
Zürich Consensus

ラテン語では Consensus Tigurinus。 1549年5月,フランス語系スイス新教徒を代表する J.カルバンと G.ファレルおよびドイツ語系スイス新教徒を代表し,かつチューリヒにおけるツウィングリの後継者である H.ブリンガーの間で協定に達した信仰告白文。 26ヵ条から成り主として聖餐における化体説,共在説を批判し,全改革派教会に支持された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android