コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウチンゴケ チョウチンゴケMnium

3件 の用語解説(チョウチンゴケの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウチンゴケ
チョウチンゴケ
Mnium

セン類チョウチンゴケ科チョウチンゴケ属の総称。日本には約 30種が知られる。本属は,長い 蒴柄の上にある 蒴が傾くか下垂してつき,ちょうちんのようになるのが特徴である。茎は直立することが多く,葉は楕円形ないしうちわ形をなし,葉縁の細胞は葉身部の細胞とは形が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チョウチンゴケ

蘚類のチョウチンゴケ科Mniaceaeの総称。世界に12属約100種,うち日本に7属約30種ある。植物体は直立または匍匐(ほふく)し,葉はふつう幅広く,中央脈が明りょうで,葉細胞は大きい。蒴(さく)は大きく円筒状で,ふつう傾斜または下垂する。蒴歯はよく発達し,内外2列に配列する。和名は蒴を提灯に見立てたもの。ツルチョウチンゴケPlagiomnium maximowiviczii (Lindb.) Kop.(イラスト)は全国の山地にふつうに産し,地上や岩上に群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウチンゴケ
ちょうちんごけ

コケ植物チョウチンゴケ科の種類の総称。半日陰地の湿った場所に多く、茎は直立するか横にはい、葉には明瞭(めいりょう)な中肋(ちゅうろく)がある。雌雄同株または異株。(さく)は卵形ないし円筒形で、柄(え)から垂れ下がってつくので、この形を提灯(ちょうちん)に見立てて和名がつけられた。日本には7属約30種がある。
 コツボゴケ(コツボチョウチンゴケ)Plagiomnium trichomanesは横にはう茎と直立茎があり、直立茎の先には生殖器官をつける。匍匐(ほふく)茎の先は地上について、ここに新芽をつくる。葉は広い卵形。湿りやすい場所に多く、苔庭(こけにわ)によく利用される。アツバチョウチンゴケP. succulentumはコツボゴケに似るが、葉がより大形で濃い緑色を呈する。ナメリチョウチンゴケMnium laevinerveは茎が直立し、葉は卵形ないし卵状披針(ひしん)形。縁(へり)には鋭い歯がある。エゾチョウチンゴケTrachycystis flagellareは直立茎だけをもち、高さ2~3センチメートル、茎の先端に細長い無性芽が多数つき、葉は披針形。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone