コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウチンゴケ チョウチンゴケMnium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウチンゴケ
Mnium

セン類チョウチンゴケ科チョウチンゴケ属の総称。日本には約 30種が知られる。本属は,長い 蒴柄の上にある 蒴が傾くか下垂してつき,ちょうちんのようになるのが特徴である。茎は直立することが多く,葉は楕円形ないしうちわ形をなし,葉縁の細胞は葉身部の細胞とは形が異なる。日本産のおもな種としては,コバノチョウチンゴケ,コツボチョウチンゴケ,ウチワチョウチンゴケなどがある。しかし本属の範囲の取扱いについては,従来異論もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

チョウチンゴケ

蘚類のチョウチンゴケ科Mniaceaeの総称。世界に12属約100種,うち日本に7属約30種ある。植物体は直立または匍匐(ほふく)し,葉はふつう幅広く,中央脈が明りょうで,葉細胞は大きい。蒴(さく)は大きく円筒状で,ふつう傾斜または下垂する。蒴歯はよく発達し,内外2列に配列する。和名は蒴を提灯に見立てたもの。ツルチョウチンゴケPlagiomnium maximowiviczii (Lindb.) Kop.(イラスト)は全国の山地にふつうに産し,地上や岩上に群生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョウチンゴケ
ちょうちんごけ

コケ植物チョウチンゴケ科の種類の総称。半日陰地の湿った場所に多く、茎は直立するか横にはい、葉には明瞭(めいりょう)な中肋(ちゅうろく)がある。雌雄同株または異株。(さく)は卵形ないし円筒形で、柄(え)から垂れ下がってつくので、この形を提灯(ちょうちん)に見立てて和名がつけられた。日本には7属約30種がある。
 コツボゴケ(コツボチョウチンゴケ)Plagiomnium trichomanesは横にはう茎と直立茎があり、直立茎の先には生殖器官をつける。匍匐(ほふく)茎の先は地上について、ここに新芽をつくる。葉は広い卵形。湿りやすい場所に多く、苔庭(こけにわ)によく利用される。アツバチョウチンゴケP. succulentumはコツボゴケに似るが、葉がより大形で濃い緑色を呈する。ナメリチョウチンゴケMnium laevinerveは茎が直立し、葉は卵形ないし卵状披針(ひしん)形。縁(へり)には鋭い歯がある。エゾチョウチンゴケTrachycystis flagellareは直立茎だけをもち、高さ2~3センチメートル、茎の先端に細長い無性芽が多数つき、葉は披針形。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

チョウチンゴケの関連キーワードヌルデノミミフシヌルデミミフシ小葉の提灯苔コマチゴケ井上蘚類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android