コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョガ・ザンビル Choga Zanbil

1件 の用語解説(チョガ・ザンビルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チョガ・ザンビル【Choga Zanbil】

イラン南西部,スーサの南東40kmにあり,西アジア最大のジッグラトが中心に位置するエラムの都市遺跡。前13世紀中葉にエラム王ウンタシュガルUntash‐Galが建設したドゥル・ウンタシュDur‐Untashである。R.ギルシュマンが1951‐62年に本格的な発掘を行った。ジッグラトは1辺105mで四隅が四方に向き,現高の28mから5層,52.6mの高さに復原できると,このジッグラトは底辺の四側を200エラム・キュービット,高さを100エラム・キュービットで建設していたことになるといわれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のチョガ・ザンビルの言及

【ジッグラト】より

…シュメール人の元居住地にあった山の象徴説,天体観測塔説,ピラミッドの影響をうけた王墓説,ボルシッパなどの塔が〈天と地をつなぐ〉意味の名称をもつことから,宇宙的・象徴的建造物とする説,神の玉座説,高所の神殿を支える巨大な台座で階段によって人間の位置まで降りることができたという説,神を求めて昇ると同時に神が人間のところまで降りやすいように,地と天の往来を保証する巨大な踏台説などである。 前2千年紀後半には,北方のアカル・クフ(ドゥル・クリガルズ)と東方エラムのチョガ・ザンビルに広がり,後者では構築法は異なるが105m四方という最大の大きさで,5層に復原されている。そして前1千年紀にはアッシリアの諸都市でも建造されたが,ここでは宮殿に付属するような形で縮小している。…

※「チョガ・ザンビル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョガ・ザンビルの関連キーワードイランシーラーズスーサデルフト茅野バルチスタンガイランゲルボーラン峠マーサスビニヤードアパルーサの決闘

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone