コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルンハウゼン Ehrenfried Walther,Graf von Tschirnhausen

世界大百科事典 第2版の解説

チルンハウゼン【Ehrenfried Walther,Graf von Tschirnhausen】

1651‐1708
ドイツの自然科学者,哲学者チルンハウスTschirnhausともいう。北ドイツのラウジッツの貴族の生れ。オランダのライデン大学で数学を学ぶ。またホイヘンスを通してデカルト哲学に接する。軍務の後,1674年以降学問に専念。そのころアムステルダムで若い医師G.H.シュラーと知り合い,彼の紹介でスピノザと文通を始め,75年にはパリで若きライプニッツと交わりを結ぶ。ライプニッツはチルンハウゼンとの交友が機縁となってスピノザの思想に深い関心を寄せる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

367日誕生日大事典の解説

チルンハウゼン

生年月日:1651年4月10日
ドイツの哲学者,数学者,科学者
1708年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

チルンハウゼンの関連キーワードベットガー生年月日

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android