コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チルンハウゼン Ehrenfried Walther,Graf von Tschirnhausen

1件 の用語解説(チルンハウゼンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チルンハウゼン【Ehrenfried Walther,Graf von Tschirnhausen】

1651‐1708
ドイツの自然科学者,哲学者。チルンハウスTschirnhausともいう。北ドイツのラウジッツの貴族の生れ。オランダライデン大学で数学を学ぶ。またホイヘンスを通してデカルト哲学に接する。軍務の後,1674年以降学問に専念。そのころアムステルダムで若い医師G.H.シュラーと知り合い,彼の紹介でスピノザと文通を始め,75年にはパリで若きライプニッツ交わりを結ぶ。ライプニッツはチルンハウゼンとの交友が機縁となってスピノザの思想に深い関心を寄せる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

チルンハウゼンの関連キーワード堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪丸橋忠弥和算和算と算額堀場製作所

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone