コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーフ(芝罘)条約 チーフじょうやく Zhi-fu; Chih-fu

1件 の用語解説(チーフ(芝罘)条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チーフ(芝罘)条約
チーフじょうやく
Zhi-fu; Chih-fu

1876年 (清,光緒2年) 9月,雲南問題処理のために,中国山東省チーフで清朝とイギリスとの間で結ばれた条約。両国間には,中国雲南省とビルマとの国境をめぐる外交問題が懸案となっていたが,75年インド政庁派遣のビルマ・雲南ルート調査隊員 A.マーガリーが殺害された事件 (→マーガリー事件 ) をきっかけに,イギリスは高姿勢をもって一挙に懸案事項の解決をはかろうとした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チーフ(芝罘)条約の関連キーワード酒井忠発丁汝昌雲南リットン祷苗代大作理三郎金森匏瓜田代善吉トイスラー藤谷功彦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone