ツムブリ(英語表記)Elagatis bipinnulatus

世界大百科事典 第2版の解説

ツムブリ【Elagatis bipinnulatus】

スズキ目アジ科の海産魚でブリ類と同じブリモドキ亜科に属する。ツムブリは江ノ島付近の名称で,オキブリ(和歌山,三重),ハマチ(高知)などと呼ばれるようにブリに似ているが,ブリより細長く,尾びれが大きく後縁の切れ込みが深い。中国では紡錘鰤の名で呼ばれる。キツネ(高知)と呼ばれるのはふん)の先端がとがっているため。体の背部は藍青色腹部銀白色で,体側に3本の黄色の縦帯があり,中央の1本は吻から眼を通り尾まで達している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツムブリ
つむぶり / 紡錘鰤
rainbow runner
[学]Elagatis bipinnulata

硬骨魚綱スズキ目アジ科に属する海水魚。体形はブリに似ているが、尾びれが長く第二背びれと臀(しり)びれの後方に各1個の離れびれを有し、体側には鮮やかな二条の青色縦帯が発達する。体長1.5メートル。世界中の暖海域に分布し、日本の中部以南にも来遊する。アジ科のなかではかなり外洋性の種類で、稚魚は流れ藻の下に集まる習性があるが、成魚は大きな群れをつくらないようである。甚だ美味である。[沖山宗雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android