ティッシュバイン(英語表記)Tischbein, Johann Heinrich Wilhelm

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1751.2.15. ハイナ
[没]1829.6.26. オイティン
ドイツ,ヘッセンの画家。 J.H.ティッシュバイン (→ティッシュバイン家 ) の。 1779年までブレーメンカッセルベルリンで肖像画家として活動。 79~99年イタリアに滞在し,肖像画のほかに歴史画,風景画も制作。この間ローマでゲーテ親交を結び,カンパーニャを背景とした『カンパーニャのゲーテ』 (1787,フランクフルト,シュテーデル美術館) を描く。 99年以後はハンブルクで活動。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android