コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティティカカ湖 ティティカカこ

3件 の用語解説(ティティカカ湖の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ティティカカこ【ティティカカ湖】

〔Titicaca〕 ⇒ チチカカ湖

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティティカカ湖
ティティカカこ

チチカカ湖」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティティカカ湖
てぃてぃかかこ
Lago Titicaca

南アメリカ、アンデス山脈中部、ペルーボリビアの国境にある湖。アルティプラノ高原の北部に位置する。面積8140平方キロメートル、最大深度270メートル。水面の標高は3812メートルで、可航水面としては世界最高である。ペルー側のプノとボリビア側のガキを結ぶ定期船がある。湖水の温度はつねに11~12℃を示す。その大部分は蒸発により失われるが、一部は南端からデスアガデロ川として流出する。湖の周囲の平地は、アルティプラノ高原のなかでは降水量も多く、気温の変化も小さい農耕の適地で、古くから先住民アイマラの居住地として開かれてきた。大麦、ジャガイモキノア(小粒の穀物。粉にしてパンをつくる)などの作物の栽培や、ヒツジ、ラマ、アルパカなどの家畜の飼育が盛んである。湖では、インディオが独特の葦舟(あしぶね)を使って漁をする。湖中には、タキリ島、ソル島(太陽の島)など、インディオの遺跡をもつ島々が浮かぶ。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ティティカカ湖の関連キーワードプロエシュチTiTi-HaTi-Ha アセロラ紅茶Ti-Ha 口どけミルクティーTi-Ha 爽やかミルクティーTi-Ha 瀬戸内れもん紅茶Ti-Ha たっぷり果物紅茶al-Khaṭīb al-Baghdādīsmṛti

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ティティカカ湖の関連情報