コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティティカカ湖 ティティカカコ

デジタル大辞泉の解説

ティティカカ‐こ【ティティカカ湖】

Lago Titicaca》⇒チチカカ湖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ティティカカこ【ティティカカ湖】

〔Titicaca〕 ⇒ チチカカ湖

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティティカカ湖
ティティカカこ

チチカカ湖」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティティカカ湖
てぃてぃかかこ
Lago Titicaca

南アメリカ、アンデス山脈中部、ペルーボリビアの国境にある湖。アルティプラノ高原の北部に位置する。面積8140平方キロメートル、最大深度270メートル。水面の標高は3812メートルで、可航水面としては世界最高である。ペルー側のプノとボリビア側のガキを結ぶ定期がある。湖水の温度はつねに11~12℃を示す。その大部分は蒸発により失われるが、一部は南端からデスアガデロ川として流出する。湖の周囲の平地は、アルティプラノ高原のなかでは降水量も多く、気温の変化も小さい農耕の適地で、古くから先住民アイマラの居住地として開かれてきた。大麦、ジャガイモ、キノア(小粒の穀物。粉にしてパンをつくる)などの作物の栽培や、ヒツジ、ラマ、アルパカなどの家畜の飼育が盛んである。湖では、インディオが独特の葦舟(あしぶね)を使って漁をする。湖中には、タキリ島、ソル島(太陽の島)など、インディオの遺跡をもつ島々が浮かぶ。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティティカカ湖の関連キーワードラ・パス(ボリビア)チャチャコマニー山ティアワナコ文化アンデス文明イヤンプー山アンコウマ山インカ文化カイツブリレアル山脈ポーポ湖クスコアシ住居

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ティティカカ湖の関連情報