コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティミンズ Timmins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティミンズ
Timmins

カナダ,オンタリオ州中東部の鉱山都市。サドベリーの北約 220kmに位置する。周辺はカナダ楯状地内の混合樹林帯で,1月の平均気温-17℃で厳寒。 1911年 N.ティミンズにより,ホーリンジャー金山の住宅地として開発されて急速に発展,金鉱地帯の商業の中心地となった。周辺には急流,滝を利用した水力発電所が多く,鉱山ばかりでなく,醸造,製紙・パルプ,製材などの工業に電力を供給している。人口4万 7461 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ティミンズ【Timmins】

カナダ,オンタリオ州東部の鉱山都市。人口4万6114(1981)。カナダ楯状地にある町で,付近一帯は世界的な金鉱産地である。1905年にポーキュパイン,11年にホリンジャーで金の発見が相次ぎ,このときN.ティミンズによって居住地区として建設された町。当時は南アフリカのランド金鉱に次いで世界2位の産出量を誇り,ティミンズは周辺の金鉱とともに急速に発達した。【正井 泰夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ティミンズの関連キーワードトムソン(Baron Roy Herbert Thomson)ロイ・ハーバート トムソンカークランドレークショールズトムソン

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android