テイレシアスの乳房(読み)テイレシアスのちぶさ(英語表記)Les Mamelles de Tirésias

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テイレシアスの乳房」の解説

テイレシアスの乳房
テイレシアスのちぶさ
Les Mamelles de Tirésias

フランスの作家 G.アポリネール戯曲。2幕 16場。 1917年初演。男から女に変ったテイレシアス乳房風船になって爆発したり,女になったその夫が出産する筋で,パントマイムなどの比喩を用いてアポリネールのいう「人口補給」の問題を描いた作品。シュルレアリスムのドラマと銘打たれており,A.ジャリの『ユビュ王』と並ぶシュルレアリスム演劇の代表作とされる。ロマン主義演劇や自然主義演劇への反発として書かれ,グロテスク・ボードビルと呼ばれる大衆演劇の手法が用いられている。序文に述べられた思想は,1950年代の前衛演劇潮流のなかで再評価を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android