コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テオポンポス[キオス] テオポンポス[キオス]Theopompos; Theopompus of Chios

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テオポンポス[キオス]
Theopompos; Theopompus of Chios

[生]前380頃.キオス
[没]?
ギリシアの歴史家。イソクラテスの弟子。アレクサンドロス大王の友人。前 411~394年を扱った『ギリシア史』 Hellēnikai Historiai (12巻) の断片と『フィリッポス伝』 Philippika (58巻) の断片が伝わる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

テオポンポス[キオス]の関連キーワード紫外線可視光線奄美諸島エアバス吸光光度法パレスチナの人口動態家電リサイクル法ISO14000サヘラントロプス・チャデンシスSFCG

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android