コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラメチルシラン tetramethylsilane

1件 の用語解説(テトラメチルシランの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テトラメチルシラン【tetramethylsilane】

化学式(CH3)4Si。TMSと略称。無色揮発性の液体で沸点26~27℃。化学的にきわめて安定で,濃硫酸,濃アルカリにも分解されない。1Hおよび13C核の化学シフトが溶媒効果(液相反応において,溶媒が反応速度や平衡に及ぼす効果)を受けにくく,また他の化合物の1Hおよび13C核の化学シフトより著しく高磁場で重なることが少ない。TMS核磁気共鳴試料溶液に少量加えて内部基準とし,ppm単位で表した化学シフトをδ値という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テトラメチルシランの関連キーワードアルカン塩化金式量リシノール酸化学式カプリン酸グラム式量TMSテスターヒドロキシシトロネラールミリスチン酸

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone