コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テトラメチルシラン tetramethylsilane

世界大百科事典 第2版の解説

テトラメチルシラン【tetramethylsilane】

化学式(CH3)4Si。TMSと略称。無色揮発性の液体で沸点26~27℃。化学的にきわめて安定で,濃硫酸,濃アルカリにも分解されない。1Hおよび13C核の化学シフトが溶媒効果(液相反応において,溶媒が反応速度や平衡に及ぼす効果)を受けにくく,また他の化合物の1Hおよび13C核の化学シフトより著しく高磁場で重なることが少ない。TMSを核磁気共鳴試料溶液に少量加えて内部基準とし,ppm単位で表した化学シフトをδ値という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テトラメチルシランの関連キーワード溶媒効果化合物濃硫酸溶媒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android