テナガコガネ(手長黄金)(読み)テナガコガネ(英語表記)Cheirotonus macleayi

世界大百科事典 第2版の解説

テナガコガネ【テナガコガネ(手長黄金) Cheirotonus macleayi】

甲虫目コガネムシ科の昆虫。胸部は暗緑色,上翅は黒銅色で黄褐色の斑紋を散在する。雄は名のように前脚が著しく長く,胸部の両縁に黄色の長毛を密生する。大型の個体は体長60mmを超す。アッサム,シッキム,ブータンから中国を経て台湾まで分布する。台湾産のものはタイワンテナガコガネC.m.formosanusといわれる。台湾の中部山地に分布し,樹液に集まるほか,灯火に飛来する。幼虫はクスなどの朽木を食べて成育し,朽木の中で蛹化(ようか),成虫となって出現する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android