コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テナガコガネ(手長黄金) テナガコガネ Cheirotonus macleayi

1件 の用語解説(テナガコガネ(手長黄金)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テナガコガネ【テナガコガネ(手長黄金) Cheirotonus macleayi】

甲虫目コガネムシ科の昆虫。胸部は暗緑色,上翅は黒銅色で黄褐色の斑紋を散在する。雄は名のように前脚が著しく長く,胸部の両縁に黄色の長毛を密生する。大型の個体は体長60mmを超す。アッサムシッキムブータンから中国を経て台湾まで分布する。台湾産のものはタイワンテナガコガネC.m.formosanusといわれる。台湾の中部山地に分布し,樹液に集まるほか,灯火に飛来する。幼虫はクスなどの朽木を食べて成育し,朽木の中で蛹化(ようか),成虫となって出現する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テナガコガネ(手長黄金)の関連キーワード牙虫米搗虫猿葉虫雪隠金亀子黄金虫粉吹金亀子塵芥虫山原手長金亀子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone