テネシー川流域開発公社(読み)てねしーがわりゅういきかいはつこうしゃ

  • Tennessee Valley Authority

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1933年,アメリカのニューディール一環として設立された開発公社。略称TVA
雇用の増進資源の完全利用,および民間企業による電力独占の規制を目的として,政府企業によって推進された。テネシー川流域の治水発電植林土地改良など,総合開発を行い,1940年ごろまでに開発事業は実現。この結果,失業者の吸収・生産の増大・消費物価の低下に効果があらわれた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内のテネシー川流域開発公社の言及

【TVA】より

…Tennessee Valley Authorityの略称。テネシー川流域開発公社と訳されるアメリカの公営企業体で,1933年5月,ニューディール政策の一環として設立され,今日なお存続している。その発端は,第1次大戦中に作られたのち放置された施設やダムの公的管理運営をめざすG.ノリスらの運動であった。…

※「テネシー川流域開発公社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テネシー川流域開発公社の関連情報