テュドール チョルテア(英語表記)Tudor Ciortea

20世紀西洋人名事典の解説

テュドール チョルテア
Tudor Ciortea


1903.12.10 -
ルーマニアの作曲家。
ブカレスト音楽院教授,作曲家同盟副議長。
ブラショフ生まれ。
クルジュ音楽院でピアノを学び、さらにデュカスやブーランジェに師事し、1947年ブカレスト音楽院教授を歴任し、作曲家同盟副議長も務める。ピアノを主体にルーマニア民謡を素材とした室内楽が多く、独特の迫力と緊張感を盛り込み、現代的手法で再創造する。作品に「マラムーレシュ組曲」(’49年)、「4つのマラムーレシュの歌」(’67年)など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android