コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラ・シギラタ テラシギラタ terra sigillata

1件 の用語解説(テラ・シギラタの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

テラ・シギラタ

昔に医療用の錠剤を作るのに用いられた粘土.ダイアナの土(Diana's earth), sphragiditeと同義.アレッチン土器(Arretine ware)を真似た赤色磨研の土器がサモス(Samos)島のサモス土器(Samian ware)から出土し,これをテラ・シギラタ(terra sigillata)という.模様の刻まれた土,土器をいう[ランダムハウス : 1994].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テラ・シギラタの関連キーワード油粘土丸鉋焼粉医療用食品食用粘土アドウブサモス土シノパイトパイプ石アルジロライト

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone