コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テルモピレーの戦い テルモピレーのたたかい

大辞林 第三版の解説

テルモピレーのたたかい【テルモピレーの戦い】

ペルシャ戦争中の紀元前480年、スパルタ王レオニダス以下兵士三〇〇人が、テルモピレーにペルシャの大軍を迎え撃ち、全滅した戦い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テルモピレーの戦い
てるもぴれーのたたかい

紀元前480年の夏に行われた、ペルシア戦争第2回遠征中の戦闘。テルモピレーThermopylai(「熱い門」の意)は峻険(しゅんけん)な岩山が海に迫る間に通じた隘路(あいろ)で、数列の縦隊しか行進できなかった。テッサリアに侵入したペルシア軍に対し、ギリシア軍はアルテミシオン沖に海軍を、この地にスパルタ王レオニダス配下の約7000のギリシア連合陸軍を配する防衛線を敷いた。だが内通者が間道を教えたため、王以下のスパルタ人は「玉砕」し、他は退却した。[豊田和二]
『馬場恵二著『ペルシア戦争』(1982・教育社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テルモピレーの戦いの関連キーワードレオニダス(スパルタ王)総合年表(ヨーロッパ)レオニダスペルシャペルシア海軍