テルモピレーの戦い(読み)てるもぴれーのたたかい

  • Thermopylai

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紀元前480年の夏に行われた、ペルシア戦争第2回遠征中の戦闘。テルモピレーThermopylai(「熱い門」の意)は峻険(しゅんけん)な岩山が海に迫る間に通じた隘路(あいろ)で、数列の縦隊しか行進できなかった。テッサリアに侵入したペルシア軍に対し、ギリシア軍はアルテミシオン沖に海軍を、この地にスパルタ王レオニダス配下の約7000のギリシア連合陸軍を配する防衛線を敷いた。だが内通者が間道を教えたため、王以下のスパルタ人は「玉砕」し、他は退却した。

[豊田和二]

『馬場恵二著『ペルシア戦争』(1982・教育社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

旺文社世界史事典 三訂版の解説

ペルシア戦争中の前480年に行われた,アケメネス朝ペルシア)とギリシアとの戦争
テルモは「温泉」,ピレーは「門」の意味で,テッサリアから中部ギリシアにはいる隘路 (あいろ) にあたる。ペルシア戦争における最初の陸上の戦闘で,スパルタ王レオニダスがこの地でわずか300の兵をもってアケメネス朝の大軍と戦い,全員が英雄的戦死をとげた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android