コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テレツコエ湖 テレツコエこozero Teletskoe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テレツコエ湖
テレツコエこ
ozero Teletskoe

ロシア中部,西シベリア南部,アルタイ共和国にある湖。西サヤン山脈西麓にあり,湖面標高 436m。面積 223km2。最大水深 325m。長さ 78km,幅 5kmの浅い V字形をした湖で,岸は崖をなす。冬季も全面に結氷することはない。北端からオビ川の源流をなすビーヤ川が流れ出る。アルタイ地方の最も美しい湖の一つといわれ,観光地になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

テレツコエ‐こ【テレツコエ湖】

Ozero TeletskoyeОзеро Телецкое》ロシア連邦南部、アルタイ共和国のアルタイ山脈にある湖。湖水はビーヤ川を経て流出し、オビ川に合流して北極海に注ぐ。アルタイ自然保護区、カトゥン自然保護区、ウコク高原ベルーハ山を含む地域が、1998年に「アルタイのゴールデンマウンテン」の名称で世界遺産(自然遺産)に登録された。テレツコヤ湖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

テレツコエ湖の関連キーワードサヤン山地

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android