コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テロペア Telopea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テロペア
Telopea

ヤマモガシ科のオーストラリアに固有の属で,4種が知られる。英名のワラタ waratahは先住民のアボリジニの言葉で「赤い花の木」を意味する。そのうちテロペア・スペキオシッシマ T.speciosissimaは,原産地のニューサウスウェールズ州では州のエンブレム (紋章) としても使われている代表的な花木。楕円形で硬質の葉が互生し,鋭い鋸歯がある。花は輝くような真紅が印象的。花弁状の総包に取囲まれた円錐形の総状花序が頂生する。樹高は約 3m。現地では大規模な営利栽培が行われ,日本にも切り花が輸入されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テロペア
てろぺあ
[学]Telopea speciosissima R. Br.

ヤマモガシ科の常緑高木または低木。オーストラリア原産。葉は互生し上縁に粗い歯牙(しが)がある。花は枝に頂生し総状花序をなすが、外側に約15枚の赤い総包葉があり、100以上の管状花を抱える。花柱は4センチメートルに達し、成熟すると花弁が縦に割れて外に突出する。頭花は径約10センチメートルになり、雄大で美しい。
 夏の高温多湿を嫌うので大鉢で排水のよい用土に植え、温室またはビニルハウスで通風をよくして栽培する。繁殖は実生(みしょう)もできるが、種子は発芽率が悪く、育苗がむずかしいので、挿木、取木のほうがよい。[吉次千敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テロペアの関連キーワードニューサウスウェールズ州総包

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android