育苗(読み)イクビョウ

  • いくびょう ‥ベウ
  • いくびょう〔ベウ〕
  • 育苗 raising of seedling

世界大百科事典 第2版の解説

農林業においてまたは苗木を一定場所に集め,保護・育成することをいう。一般に発芽直後の植物は雨・風などの気象変動に弱く,病気・害虫などの被害も受けやすい。そこで,この時期の植物を集約的に管理し,保護・育成することが農作業上重要な意味をもつ。育苗には作業者が管理しやすく,苗の生育に適した場所を選定し,必要な環境づくりをすることが重要である。育苗の場を苗床苗圃(びようほ)という。水稲では苗代といい,畑作物などでは苗畑ともいう。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

苗を育てること。苗は、畑や水田などに移植することを前提とした作物の幼植物のことで、比較的高い密度で、集約的に育成される。作物の幼植物は、気象や雑草、病気などの環境の影響を受けやすいので、田畑に直接種子を播(ま)いて栽培するよりも、育苗し、ある程度大きくしてから移植したほうが有利な場合が多い。また、田畑に他の作物が栽培されている時点から育苗を始め、収穫後すぐに移植すれば、土地の有効利用もできる。さらに、保温や加温をして早くから育苗を始め、外で生育できる気温になった時点で苗を移植すれば、早期の収穫が可能となる。

 育苗の方法は作物の種類によって異なるが、歴史は古く、稲作の場合、奈良時代には苗を育て、田植をする技術が一般化していた。現在では、田植機の普及や田植作業の変化に伴い、育苗器を使っての箱育苗が中心となっている。箱育苗で稚苗(ちびょう)育苗の場合、1箱(30×60×3センチメートル)当り7000個体という高い密度の育苗が可能である。果樹では挿木(さしき)や接木(つぎき)によって苗を育てることが多く、またスイカ、カボチャなど果菜類でも接木で苗を育てる技術が発達し、普及してきている。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android