コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

育苗 イクビョウ

デジタル大辞泉の解説

いく‐びょう〔‐ベウ〕【育苗】

[名](スル)苗を育てること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いくびょう【育苗 raising of seedling】

農林業においてまたは苗木を一定場所に集め,保護・育成することをいう。一般に発芽直後の植物は雨・風などの気象変動に弱く,病気・害虫などの被害も受けやすい。そこで,この時期の植物を集約的に管理し,保護・育成することが農作業上重要な意味をもつ。育苗には作業者が管理しやすく,苗の生育に適した場所を選定し,必要な環境づくりをすることが重要である。育苗の場を苗床苗圃(びようほ)という。水稲では苗代といい,畑作物などでは苗畑ともいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いくびょう【育苗】

( 名 ) スル
苗を育てること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

育苗
いくびょう

苗を育てること。苗は、畑や水田などに移植することを前提とした作物の幼植物のことで、比較的高い密度で、集約的に育成される。作物の幼植物は、気象や雑草、病気などの環境の影響を受けやすいので、田畑に直接種子を播(ま)いて栽培するよりも、育苗し、ある程度大きくしてから移植したほうが有利な場合が多い。また、田畑に他の作物が栽培されている時点から育苗を始め、収穫後すぐに移植すれば、土地の有効利用もできる。さらに、保温や加温をして早くから育苗を始め、外で生育できる気温になった時点で苗を移植すれば、早期の収穫が可能となる。
 育苗の方法は作物の種類によって異なるが、歴史は古く、稲作の場合、奈良時代には苗を育て、田植をする技術が一般化していた。現在では、田植機の普及や田植作業の変化に伴い、育苗器を使っての箱育苗が中心となっている。箱育苗で稚苗(ちびょう)育苗の場合、1箱(30×60×3センチメートル)当り7000個体という高い密度の育苗が可能である。果樹では挿木(さしき)や接木(つぎき)によって苗を育てることが多く、またスイカ、カボチャなど果菜類でも接木で苗を育てる技術が発達し、普及してきている。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

育苗の関連キーワード農業用使用済プラスチック宮崎県児湯郡西米良村バーミキュライトジフィー・ポット農業用フィルムサルピグロシスキセランセマムサークル鉄工保温折衷苗代ピートポット育苗センター川里[町]石谷 源蔵リレー農業パーライト川里[村]ブロワリア日置[町]ポリポット直播栽培

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

育苗の関連情報