コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングノメシガイ Trichoglossum hirsutum (Fr.) Boud.

世界大百科事典 第2版の解説

テングノメシガイ【Trichoglossum hirsutum (Fr.) Boud.】

夏から秋にかけて林や庭園の土の上に発生する,子囊菌類盤菌類ビョウタケ目テングノメシガイ科のキノコ。全体は黒く柄の長いへら形となるところから,この名がある。全面に黒い微細な毛が生えていて,高さ2~8cmになる。特異な形をしているがチャワンタケに近いもので,頭部に胞子を形成する器官(子囊果)が密に埋まっている。学名のTrichoglossumは〈毛のある舌〉,hirsutumは〈あらい毛のある〉の意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングノメシガイ
てんぐのめしがい / 天狗の飯匙
[学]Trichoglossum hirsutum (Fr.) Boud.

子嚢(しのう)菌類、ビョウタケ目テングノメシガイ科のキノコ。高さ3~8センチメートル。長い柄の先端に平たい紡錘形の頭部をつけた、しゃもじ形をした黒いキノコ。全面に暗褐色で微細な針状の毛を帯びる。子実層は頭部の全面を覆って発達する。子嚢は円筒形で、中に8本の子嚢胞子を収める。胞子は棍棒(こんぼう)形、暗褐色。子嚢には15ほどの隔膜があって多細胞、大きさ100~170マイクロメートル×5~7.5マイクロメートル。夏から秋、林内地上に生える。分布は日本全土のほか、世界各地と広い。
 テングノメシガイはテングノメシガイ属Trichoglossumに含まれるが、このほか近縁の属として、菌体にテングノメシガイのような毛を帯びないタマテングノメシガイ属Geoglossum、全体に粘りを帯びるテングノハナヤスリ属Gloeoglossumがある。日本にはこれら3属で12種3変種が記録されている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テングノメシガイの関連キーワードテングノシャモジ(天狗の杓文字)テングノメシガイ(天狗の飯匙)ズキンタケ(頭巾茸)ヘラタケ(篦茸)天狗の飯匙裸子器

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android