コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テングノメシガイ Trichoglossum hirsutum (Fr.) Boud.

2件 の用語解説(テングノメシガイの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テングノメシガイ【Trichoglossum hirsutum (Fr.) Boud.】

夏から秋にかけて林や庭園の土の上に発生する,子囊菌類盤菌類ビョウタケテングノメシガイ科のキノコ。全体は黒く柄の長いへら形となるところから,この名がある。全面に黒い微細な毛が生えていて,高さ2~8cmになる。特異な形をしているがチャワンタケに近いもので,頭部に胞子を形成する器官(子囊果)が密に埋まっている。学名のTrichoglossumは〈毛のある舌〉,hirsutumは〈あらい毛のある〉の意味である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テングノメシガイ
てんぐのめしがい / 天狗の飯匙
[学]Trichoglossum hirsutum (Fr.) Boud.

子嚢(しのう)菌類、ビョウタケ目テングノメシガイ科のキノコ。高さ3~8センチメートル。長い柄の先端に平たい紡錘形の頭部をつけた、しゃもじ形をした黒いキノコ。全面に暗褐色で微細な針状の毛を帯びる。子実層は頭部の全面を覆って発達する。子嚢は円筒形で、中に8本の子嚢胞子を収める。胞子は棍棒(こんぼう)形、暗褐色。子嚢には15ほどの隔膜があって多細胞、大きさ100~170マイクロメートル×5~7.5マイクロメートル。夏から秋、林内地上に生える。分布は日本全土のほか、世界各地と広い。
 テングノメシガイはテングノメシガイ属Trichoglossumに含まれるが、このほか近縁の属として、菌体にテングノメシガイのような毛を帯びないタマテングノメシガイ属Geoglossum、全体に粘りを帯びるテングノハナヤスリ属Gloeoglossumがある。日本にはこれら3属で12種3変種が記録されている。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テングノメシガイの関連キーワード畦菜石菖藻粟茸唐傘茸夏の花蕨穂咲の総藻葉焼病(ソルガム・スーダングラス)炭疽病(アルファルファ)炭疽病(アカクローバ)炭疽病(サブタレニアンクローバ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone