コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テンレック Tenrec ecaudatus; tenrec

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テンレック
Tenrec ecaudatus; tenrec

食虫目テンレック科。食虫類のなかで最も大きく,体長 30~40cm。体は体毛でおおわれるが,体毛は細くて長い毛と,普通の毛と,針状の太い毛より成る。針状毛は頭部にみられる。尾は痕跡的。日中は森林内の藪の中や地中の穴などにひそみ,夕方から夜にかけて活動する。地中の昆虫類ミミズなどのほか,カタツムリトカゲなどを食べる。1腹の産子数が多い (1産の平均子数は 15~16子) ことで有名である。マダガスカル島とその付近の島にのみ分布し,低木林地帯に生息する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

テンレック【tenrec】

ハリネズミに似た食虫目テンレック科の哺乳類マダガスカルコモロ諸島に分布。体長26~39cm,尾長1~1.6cm,体重1.6~2.4kg。体は太く四肢が比較的短く,吻(ふん)が長く突出する。全身黄褐色の剛毛と,褐色みの強い針状毛におおわれる。森林や低木林の下ばえの中で生活し,岩の下や木のうろに巣をつくる。夜行性で,午後6~9時と午前1~5時の2回,活動のピークがあることが知られている。昆虫やミミズなどが主食だが,少量の植物質やネズミなども食べる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

テンレックの関連キーワードキリンディーミテア国立公園マスアラ国立公園ハリネズミ乳頭

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android