ディアマンティーナ歴史地区(読み)ディアマンティーナれきしちく

世界遺産詳解の解説

ディアマンティーナれきしちく【ディアマンティーナ歴史地区】

1999年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ブラジル南東部ベロオリゾンテの北北東190km、ミナス・ジェライス州の都市。ディアマンティーナポルトガル語の「ダイヤモンド」の意味で、1720年に近くでダイヤモンドの鉱脈が発見されてから繁栄し、産出量300万カラットともいわれる世界中のダイヤモンドの大部分を産出していた。現在、ダイヤモンドの採掘は行われていない。ブラジルにおけるバロック様式の建物の保存状態がよいことなどが評価されて、人類の歴史上、重要な時代を例証するものとして、世界遺産に登録された。◇英名はHistoric Centre of the Town of Diamantina

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

百科事典マイペディアの解説

ディアマンティーナ歴史地区【ディアマンティーナれきしちく】

南米,ブラジル南東部に位置するジェライス州にある歴史地区。ディアマンティーナはポルトガル語で〈ダイヤモンド〉の意。18世紀に発見されたダイヤモンドで栄えたが,現在はダイヤモンドの採掘は行われていない。曲がりくねった石畳があり,その道沿いにはバロック様式の建物が立ち並び,当時そのままの外観を保っている。1999年世界文化遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タピオカドリンク

中国茶や紅茶などに球状のタピオカを入れた台湾発祥の飲料。「タピオカティー」とも呼ばれ、米国やアジア諸国で人気を集めている。日本では1990年代に台湾のチェーン店が進出して以来、若い女性を中心に幾度もブ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android