コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディアマン Diamant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディアマン
Diamant

フランスの人工衛星打上げ用ロケット。「ダイヤモンド」の意味。3段式で,第1段は液体燃料,第2,3段は固体燃料を使う。 1965年 11月 26日にフランス初の試験衛星 A1 (重さ 42kg) の打上げに用いられたものは,全長 18.94m,直径 1.4m,重さ 17.9t,推力 28tであった。続いてディアパソンディアデム1,2号を打上げた。 70年に改良型のディアマンBが登場し,西ドイツの衛星ディアル・ワイカ (1970.3.10.) やフランスの気象観測・測地を目的とした衛星ペオール (70.12.12.) を軌道に乗せることに成功した。さらに 72年にはディアマンBの第2段を改良したロケット,ディアマンB-P4の開発に着手し,74年に完成。第1号機は衛星スターレット (75.2.6.) の打上げに成功した。しかし,フランスはヨーロッパ宇宙機関において,静止衛星打上げ専用ロケット「アリアン」の開発を担当しているため,75年限りでディアマンの使用は中止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ディアマンの関連キーワードフェッラーラ:ルネサンス期の市街とポー川デルタ地帯INVECSJ. クビチェック・デ・O.ディアマンティーナ歴史地区ジェキティニョニャ川ディアマンティーナシスティナ礼拝堂エスピニャソ山脈サンラファエルJ. モレアスジアマンチーナフェッラーラスキアトス島クビチェック里見 宗次スキアソスフェラーラパラナ川宇宙開発モレアス

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android