コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ディクイル Dicuil

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ディクイル
Dicuil

825年頃在世のアイルランド修道士,古典学者,地理学者。ギリシア,ローマの古典から同時代の書にいたる広い知識を活用し,9世紀におけるアイルランドの学問の発達に貢献。天文学の論文が多数あるが,その多くは,キリスト教の祭用暦の計算をする必要から書かれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のディクイルの言及

【北極】より

…トゥーレは現在グリーンランド(バフィン湾北)の地名チューレとして残っているが,ピュテアスはおそらくアイスランドを訪れ,海氷縁に達したのではないかといわれる。825年アイルランドの修道士ディクイルDicuilはアイスランド(トゥーレ)に定住者のいることを記述した。890年にノルウェーのオッタールOttar(Ohthereともいう)は,ノルウェー北端のノール岬を回って白海に達した。…

※「ディクイル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ディクイルの関連キーワードベオルンウルフ鋳銭司(ちゅうせんし 日本史)エス・バイ・エル原発避難者の復興公営住宅在原業平葛原親王金剛証寺常楽寺霊山施薬院

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android