コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛原親王 カツラバラシンノウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛原親王 かずらはらしんのう

786-853 平安時代前期,桓武天皇の皇子。
延暦(えんりゃく)5年生まれ。母は多治比真宗(たじひの-まむね)。治部卿,大蔵卿,式部卿,大宰帥(だざいのそち)などとなる。天長2年(825)子女が平姓を名のることを朝廷にこい,ゆるされて桓武平氏の祖となった。上野(こうずけ)太守,常陸(ひたち)太守などを歴任して一品(いっぽん)をさずけられた。仁寿(にんじゅ)3年6月4日死去。68歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

葛原親王

没年:仁寿3.6.4(853.7.13)
生年延暦5(786)
平安初期の皇族で官人。桓武天皇の第3子。嵯峨天皇の義兄に当たるが,母が多治比長野の娘真宗で卑姓のため皇位には就けなかった。治部,大蔵,式部卿,常陸,上野両国の太守や,大宰府(太宰府市)の長官を歴任したが,いずれも名誉職的な意味あいが強かった。天長8(831)年,46歳で一品に叙せられた。若くして学問を好み,史伝を歴覧し,古今の政治の教訓を忘れなかった。慎みぶかく驕ることはなかった。また式部卿を長く務めたので旧典に通じ,礼儀も諸親王のなかで抜きんでていた。遺言により葬儀も質素に行われたという。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かずらはらしんのう【葛原親王】

786‐853(延暦5‐仁寿3)
平安初期の官人。桓武天皇の第3皇子,母は多治比真宗。治部卿,大蔵卿,弾正尹,式部卿,大宰帥,中務卿を歴任し一品となったが,とくに式部卿として名をあげた。843年(承和10)に老病を理由に致仕を請うたが,輦車(れんしや)で宮に入ることがとくに許された。その死に際しては薄葬を遺言し,朝廷よりの葬事監護を辞退した。古今の成敗をもって自戒とし,史伝に通じ,旧典について練達していないものはないほどであったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かつらはらしんのう【葛原親王】

〔「かずらはらしんのう」とも〕 (786~853) 桓武天皇の第三皇子。桓武平氏の祖。825年、平朝臣の姓を請うて許され、臣籍に下った。850年大宰帥だざいのそつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

葛原親王の関連キーワード平氏(へいし)西洞院家桂本神社平貞盛高望王没年そつ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android