コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葛原親王 カツラバラシンノウ

5件 の用語解説(葛原親王の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かつらばら‐しんのう〔‐シンワウ〕【葛原親王】

[786~853]桓武天皇の第3皇子。名は「かずらはら」とも。桓武平氏の祖。大蔵卿・式部卿などを経て大宰帥(だざいのそち)。天長2年(825)、平(たいら)の姓を賜り臣籍に下った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

葛原親王 かずらはらしんのう

786-853 平安時代前期,桓武天皇の皇子。
延暦(えんりゃく)5年生まれ。母は多治比真宗(たじひの-まむね)。治部卿,大蔵卿,式部卿,大宰帥(だざいのそち)などとなる。天長2年(825)子女が平姓を名のることを朝廷にこい,ゆるされて桓武平氏の祖となった。上野(こうずけ)太守,常陸(ひたち)太守などを歴任して一品(いっぽん)をさずけられた。仁寿(にんじゅ)3年6月4日死去。68歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

葛原親王

没年:仁寿3.6.4(853.7.13)
生年:延暦5(786)
平安初期の皇族で官人。桓武天皇の第3子。嵯峨天皇の義兄に当たるが,母が多治比長野の娘真宗で卑姓のため皇位には就けなかった。治部,大蔵,式部卿,常陸,上野両国の太守や,大宰府(太宰府市)の長官を歴任したが,いずれも名誉職的な意味あいが強かった。天長8(831)年,46歳で一品に叙せられた。若くして学問を好み,史伝を歴覧し,古今の政治の教訓を忘れなかった。慎みぶかく驕ることはなかった。また式部卿を長く務めたので旧典に通じ,礼儀も諸親王のなかで抜きんでていた。遺言により葬儀も質素に行われたという。

(朧谷寿)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かずらはらしんのう【葛原親王】

786‐853(延暦5‐仁寿3)
平安初期の官人。桓武天皇の第3皇子,母は多治比真宗。治部卿,大蔵卿,弾正尹,式部卿,大宰帥,中務卿を歴任し一品となったが,とくに式部卿として名をあげた。843年(承和10)に老病を理由に致仕を請うたが,輦車(れんしや)で宮に入ることがとくに許された。その死に際しては薄葬を遺言し,朝廷よりの葬事監護を辞退した。古今の成敗をもって自戒とし,史伝に通じ,旧典について練達していないものはないほどであったという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かつらはらしんのう【葛原親王】

〔「かずらはらしんのう」とも〕 (786~853) 桓武天皇の第三皇子。桓武平氏の祖。825年、平朝臣の姓を請うて許され、臣籍に下った。850年大宰帥だざいのそつ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

葛原親王の関連キーワード氷上川継延暦壱志濃王葛井親王高志内親王斉子内親王(1)平実世高津内親王業良親王弥努摩女王

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone