コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛証寺 こんごうしょうじ

4件 の用語解説(金剛証寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛証寺
こんごうしょうじ

三重県伊勢市の朝熊山の山上にある臨済宗南禅寺派の寺。中本山。山号は勝峰山兜率院。欽明天皇の頃の暁台上人の創建と伝えられ,空海が中興の祖といわれる。のち建長寺の東嶽和尚が修復して真言宗から臨済宗とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こんごうしょう‐じ〔コンガウシヨウ‐〕【金剛証寺】

三重県伊勢市朝熊(あさま)山にある臨済宗南禅寺派別格本山。山号は勝峰山。開創は天長2年(825)、開山は空海。元中9年=明徳3年(1392)東岳文昱(ぶんいく)が中興、臨済宗となる。所蔵の朝熊山経ケ峯経塚出土品は国宝。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

金剛証寺【こんごうしょうじ】

三重県伊勢市朝熊(あさま)山頂にある臨済宗南禅寺派の寺。本尊虚空蔵菩薩。欽明天皇のころ教待(きょうたい)(暁台)道人が開創,空海が密教道場として中興したと伝える。
→関連項目朝熊ケ岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうしょうじ【金剛証寺】

三重県伊勢市にある寺。勝峯山兜率院(とそついん)と号する。伊勢市南郊の朝熊(あさま)山上にあって,脚下に伊勢湾,遠く中部の連峰を一望におさめる。もと禅密兼学,いま臨済宗。寺伝では,欽明天皇代に僧暁台が創建して,のちに空海が密教の道場にしたと伝え,そののち室町初期に鎌倉建長寺の東岳和尚が中興し,禅宗の寺となった。近世には鳥羽水軍の九鬼嘉隆など諸大名の崇信厚く,また伊勢参宮が盛行するにつれ,当寺は神宮の奥の院といわれて,〈伊勢へ参らば朝熊をかけよ,朝熊かけねば片参宮〉と俗謡が生まれ,多くの参詣者を集めるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone