コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛証寺 こんごうしょうじ

4件 の用語解説(金剛証寺の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金剛証寺
こんごうしょうじ

三重県伊勢市の朝熊山の山上にある臨済宗南禅寺派の寺。中本山。山号は勝峰山兜率院。欽明天皇の頃の暁台上人の創建と伝えられ,空海が中興の祖といわれる。のち建長寺の東嶽和尚が修復して真言宗から臨済宗とした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こんごうしょう‐じ〔コンガウシヨウ‐〕【金剛証寺】

三重県伊勢市朝熊(あさま)山にある臨済宗南禅寺派別格本山。山号は勝峰山。開創は天長2年(825)、開山は空海。元中9年=明徳3年(1392)東岳文昱(ぶんいく)が中興、臨済宗となる。所蔵の朝熊山経ケ峯経塚出土品は国宝。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

金剛証寺【こんごうしょうじ】

三重県伊勢市朝熊(あさま)山頂にある臨済宗南禅寺派の寺。本尊虚空蔵菩薩。欽明天皇のころ教待(きょうたい)(暁台)道人が開創,空海が密教道場として中興したと伝える。
→関連項目朝熊ケ岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こんごうしょうじ【金剛証寺】

三重県伊勢市にある寺。勝峯山兜率院(とそついん)と号する。伊勢市南郊の朝熊(あさま)山上にあって,脚下に伊勢湾,遠く中部の連峰を一望におさめる。もと禅密兼学,いま臨済宗。寺伝では,欽明天皇代に僧暁台が創建して,のちに空海が密教の道場にしたと伝え,そののち室町初期に鎌倉建長寺の東岳和尚が中興し,禅宗の寺となった。近世には鳥羽水軍の九鬼嘉隆など諸大名の崇信厚く,また伊勢参宮が盛行するにつれ,当寺は神宮の奥の院といわれて,〈伊勢へ参らば朝熊をかけよ,朝熊かけねば片参宮〉と俗謡が生まれ,多くの参詣者を集めるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

金剛証寺の関連キーワード三重県伊勢市浦口三重県伊勢市岡本三重県伊勢市河崎三重県伊勢市曽祢三重県伊勢市常磐三重県伊勢市中島三重県伊勢市中之町三重県伊勢市宮川三重県伊勢市宮後勝峯山兜率院

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone