コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイフォボス デイフォボスDeiphobos

1件 の用語解説(デイフォボスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイフォボス
Deiphobos

ギリシア神話の人物。トロイプリアモスの子の一人で,長兄のヘクトルと特に仲がよく,トロイ戦争に参加し,兄弟のパリスが戦死したあと,ヘレノスヘレネを争って勝ち,この世界一の美女を妻にしたが,トロイ落城のおりにメネラオスによって虐殺されたという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のデイフォボスの言及

【ヘレネ】より

…しかし夫の留守中,トロイアの王子パリスに誘惑されて館を出奔したため,トロイア戦争が起き,パリスはこの戦争で弓の名手フィロクテテスに射殺された。パリスの死後,彼女はその弟デイフォボスDēiphobosの妻とされたが,トロイア陥落の際,彼はメネラオスに殺され,ヘレネはメネラオスに伴われて8年かかってスパルタに帰国したという。ただし,エウリピデスの悲劇《ヘレネ》(前412上演)のように,トロイアへ連れ去られたのは実はヘレネの幻影にすぎないとの伝承もあり,また帰国後の彼女についても多くの説がある。…

【メネラオス】より

…この戦争で彼はヘレネの身柄と奪われた財宝をかけてパリスと一騎打ちに及び,勝利の寸前までいったものの,パリスを寵愛する女神アフロディテの妨害にあって,決着をつけることができなかった。その後,トロイア落城の際には,巨大な木馬の腹中にひそんで城内に入り,パリスの弟で,兄の死後ヘレネの夫となっていたデイフォボスDēiphobosを殺した。このとき彼はさらにヘレネをも殺そうとしたが,彼女の美しさに負けて和解し,8年を費やしてスパルタに帰りついた。…

※「デイフォボス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone