コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デイフォボス デイフォボス Deiphobos

1件 の用語解説(デイフォボスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デイフォボス
デイフォボス
Deiphobos

ギリシア神話の人物。トロイプリアモスの子の一人で,長兄のヘクトルと特に仲がよく,トロイ戦争に参加し,兄弟のパリスが戦死したあと,ヘレノスヘレネを争って勝ち,この世界一の美女を妻にしたが,トロイ落城のおりにメネラオスによって虐殺されたという。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のデイフォボスの言及

【ヘレネ】より

…しかし夫の留守中,トロイアの王子パリスに誘惑されて館を出奔したため,トロイア戦争が起き,パリスはこの戦争で弓の名手フィロクテテスに射殺された。パリスの死後,彼女はその弟デイフォボスDēiphobosの妻とされたが,トロイア陥落の際,彼はメネラオスに殺され,ヘレネはメネラオスに伴われて8年かかってスパルタに帰国したという。ただし,エウリピデスの悲劇《ヘレネ》(前412上演)のように,トロイアへ連れ去られたのは実はヘレネの幻影にすぎないとの伝承もあり,また帰国後の彼女についても多くの説がある。…

【メネラオス】より

…この戦争で彼はヘレネの身柄と奪われた財宝をかけてパリスと一騎打ちに及び,勝利の寸前までいったものの,パリスを寵愛する女神アフロディテの妨害にあって,決着をつけることができなかった。その後,トロイア落城の際には,巨大な木馬の腹中にひそんで城内に入り,パリスの弟で,兄の死後ヘレネの夫となっていたデイフォボスDēiphobosを殺した。このとき彼はさらにヘレネをも殺そうとしたが,彼女の美しさに負けて和解し,8年を費やしてスパルタに帰りついた。…

※「デイフォボス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デイフォボスの関連キーワードパラメデスプリアモスヘカベヘクトルヘレノスボレアスメムノンギリシャ神話アモル《ギリシア神話》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone