コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デエシス Deësis; Entreaty

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デエシス
Deësis; Entreaty

キリスト教美術の主題。玉座にすわる審判者キリストを中心に,左右に全人類に代って取次ぎを請う聖母マリアと洗礼者ヨハネとが表現された図像。最後の審判図の中心グループであるが,独立して3人像として表わされることが多い。この図像はビザンチン美術で発展,ギリシア教会のイコノスタシスにしばしば見出され,ヨーロッパには 12世紀に伝わった。例としてイスタンブール,ハギア・ソフィア大聖堂階上廊モザイク (13世紀) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デエシス
でえしす
Desisギリシア語

「要求」「祈願」「懇願」「嘆願」を意味するが、狭義には、最後の審判にあたるキリストを中心にして、左右に聖母マリアと洗者聖ヨハネなどの代願者を配し、彼らがキリストに人類の罪の許しと救いを求めている聖画像の図柄をさす。古来、多くの教会に、この画題による聖画、彫刻がみられるが、ビザンティン式教会では後陣に、西欧の教会では正面に設けられることが多い。フランスのアミアン大聖堂正面の浮彫りが有名。[磯見辰典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のデエシスの言及

【イエス・キリスト】より

…前者は例えば〈聖母子〉(いくつもの類型がある),〈教師キリスト〉(右手で祝福のしぐさをし,左手に聖書を持ち,単独で,あるいは弟子たちに囲まれて教えを説く姿),〈磔刑のキリスト〉(受難ないし贖罪の教義を示す。聖母とヨハネその他を伴うこともある),〈勝利者キリスト〉(悪の象徴を踏まえる姿),〈審判者キリスト〉〈栄光のキリスト〉(《ヨハネの黙示録》に記された四つの生き物――天使,獅子,牡牛,鷲――あるいは天使を伴う),〈デエシスdeēsis〉(罪人たちの祈りのとりなしをする聖母とバプテスマのヨハネを左右に伴ったキリスト),〈空の御座またはエティマシアetimasia(ヘトイマシアhetoimasia)〉(〈最後の審判〉の到来を待つ場面)などである。これらは聖堂の祭室半円蓋,主円蓋,入口上部を飾る半円形のティンパヌムなど,教会の最も重要な場所を占めて,信徒に教義の重要なものを視覚的に理解させる役割を果たした。…

※「デエシス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android