デシュレット(読み)でしゅれっと(英語表記)Joseph Déchelette

日本大百科全書(ニッポニカ)「デシュレット」の解説

デシュレット
でしゅれっと
Joseph Déchelette
(1862―1914)

フランスの考古学者。1908年から15年にかけて、従来の考古学研究の総決算として『考古学概論』Manuel d'Archéologieを著す。そのなかで、考古学の研究法として、層位学、型式学および民族(俗)学のあることを論じている。取り扱った時代は幅広く、旧石器からラ・テーヌ文化に及んでおり、スケールの雄大さ、研究方向の先取性などにおいて比類ないものであった。

[山下秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android