総決算(読み)そうけっさん

精選版 日本国語大辞典の解説

そう‐けっさん【総決算】

〘名〙
① 収入、支出の一切の決算。
※銀行小言(1885)〈富田鉄之助〉下「総決算を為す一便益の方法を設けたり」
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「商売初めの総決算を済ましたツモリでゐたが」
② 旧制で、総予算に定めた歳入・歳出が正当に行なわれたかどうかを検査するため、総予算と同一の方式を用い、大蔵大臣が調製して、会計検査院の検査・確定を経、国会に提出した決算。〔会計法(明治二二年)(1889)〕
③ 物事のしめくくりをすること。始末をつけること。
※江戸から東京へ(1921)〈矢田挿雲〉自序「今のうちに伝説の総決算をして、〈略〉民族の体面を恥かしめぬだけのものを遺して行くことが肝腎である」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐けっさん【総決算】

[名](スル)
一定期間の収支のすべてについて行う決算
物事を締めくくること。結末をつけること。「この一年の活動を総決算する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android