コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デット・デット・スワップ でっとでっとすわっぷ debt debt swap

1件 の用語解説(デット・デット・スワップの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

デット・デット・スワップ

債権者が既存の債権を、別の条件の債権に変更すること。特に、金融機関が既存の貸付金を、他の債権よりも劣後する劣後ローンに変更することを指し示すことが多い。貸出先中小企業等の再建の一環として行われている。実質的に貸出先中小企業等の過剰債務の状態が解消され、信用力が高まり、再建の可能性が高まることなどが期待されて実施されている。劣後ローンであれば約定期限経過後に元本の回収が可能となるので、金融機関としては、株式のキャピタルゲイン(値上がりなどによる利得)を期待しづらい場合が多い中小企業等においては、デット・エクイティ・スワップより行いやすい。なお金融庁の「金融検査マニュアル別冊〔中小企業融資編〕」では、一定の要件の下に貸付金を劣後ローンに変更した場合、金融機関の自己査定における債務者区分等の判断において、劣後ローンを資本とみなすことができる、とされている。

(吉川満 (株)大和総研常務理事 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デット・デット・スワップの関連キーワード更改債権者代位権債権者取消権指名債権選択債権確定債権債務保証相続債権者転付債権法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone