コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デッド・テック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッド・テック

デッド・テクノロジー dead technologyの略。現代の芸術・建築に見られる表現の一傾向。具体的には,もはや時代の主流になることはありえない廃工場に見られるような機械類の形を引用した彫刻や,単葉機をかたどった建築などがその例。イギリスのドッグランドの再開発では,公園の建設のために使われたクレーンを撤去せずに公園のオブジェとして残した。再び動くこともなくそびえるクレーンの姿は,そこがかつて造船の町として栄えた時もあったのだということを物語っているようにも思える。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デッド・テックの関連キーワードリンカーンの「ゲティスバーグの演説」水野麻里絵あべそういち坪井安奈渡辺熱デッドボール長尾歩黒木梨帆木島隆一中根百合香

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android