デッド・テック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デッド・テクノロジー dead technologyの略。現代の芸術・建築に見られる表現の一傾向。具体的には,もはや時代の主流になることはありえない廃工場に見られるような機械類の形を引用した彫刻や,単葉機をかたどった建築などがその例。イギリスのドッグランドの再開発では,公園の建設のために使われたクレーンを撤去せずに公園のオブジェとして残した。再び動くこともなくそびえるクレーンの姿は,そこがかつて造船の町として栄えた時もあったのだということを物語っているようにも思える。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android