コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電気滴定 デンキテキテイ

4件 の用語解説(電気滴定の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

でんき‐てきてい【電気滴定】

化学反応の終点を知るのに、電位差電流の変化を測定して判定する定量分析法。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

でんきてきてい【電気滴定 electrometric titration】

溶液の電気化学的性質を追跡することにより滴定反応の当量点を決定する容量分析の総称。溶液中のイオンや分子の電気化学的挙動をみる方法として原理的に次の2種類に大別される。一つは,電極反応が関与する方法で,電位差滴定電流滴定などがある。他の一つは,電場の中でのイオンの移動能力に関連した性質を利用する方法で,伝導度滴定高周波滴定などがある。
電位差滴定potentiometric titration]
 電極間電位差の測定を滴定の終点指示に利用する方法。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

でんきてきてい【電気滴定】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電気滴定
でんきてきてい
electrometric titration

滴定において、指示薬のかわりに電気化学的測定を利用して終点を判定する方法の総称。一般に滴定による反応の進行とともに、その当量点の前後において電気化学的応答が著しく変化することから反応の終点を知ることができる。電気化学的応答としては電位差、電導度、電流その他が用いられ、それぞれ電位差滴定、電導度滴定、電流滴定などとよばれている。滴定の進行のようすを連続的に追跡することができ、滴定液の体積を横軸に、電気化学的応答を縦軸に描いた滴定曲線を描くことができる。指示薬の使えない着色液、混濁液にも適用できる、肉眼による指示薬の変色の識別にみられる個人差がない、高感度であるなどの利点があり、中和滴定酸塩基滴定)、酸化還元滴定沈殿滴定非水溶媒滴定などに広く利用されている。[高田健夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

電気滴定の関連キーワード高分子化学材料試験電子論化学的化学的性質電気化学当量電着指示電極電気光効果物性化学

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone