コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デヒドロコール酸 デヒドロコールさん acid dehydrochol

2件 の用語解説(デヒドロコール酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デヒドロコール酸
デヒドロコールさん
acid dehydrochol

デヒコールともいう。胆汁分泌促進剤である。ウシ胆汁中のコール酸を酸化して得られる無味,無臭の白色粉末。著明な水利胆作用 (希薄な胆汁を増加させる作用) をもつ。臨床的には胆汁分泌増加の目的で胆管性肝炎などに用いられるほか,強力な洗浄作用により胆管炎,胆嚢炎などに効果が得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デヒドロコール酸の関連キーワードタウロコール酸デオキシコール酸利胆薬クルクミン血液凝固促進剤酸化促進剤ACTH 分泌促進因子ゴナドトロピン分泌促進ホルモン成長ホルモン分泌促進因子副腎皮質刺激ホルモン分泌促進因子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone